運営会社
会社概要
ミッション・ビジョン
サービス
動画制作
YouTubeチャンネル制作運用
動画広告運用代行
制作実績
動画制作
ノウハウ
資料
ダウンロード
クリエイター
登録

営業での動画活用方法!効果やメリットを徹底解説

新型コロナウィルスの影響で商談がオンライン化しており、対面よりも商品やサービスの良さを伝えにくくなってきています。そこで、最近は営業での動画活用が注目されています。

本記事では、数多くの動画を制作してきた動画制作会社(key MOVIE)営業に動画を活用するメリットや、具体的な活用シーン、動画制作のポイントなどについて解説します。

動画を制作する際の費用・相場が気になっている方は、弊社が無料ご提供している、以下の動画制作相場ガイドブックをダウンロードしてください。

動画制作相場ガイドブックをダウンロード(無料)▼

なぜ営業での動画活用が注目されているのか?

動画は、テキスト資料に比べて伝達できる情報量が多く、サービスの理解を促進しやすいため、オンラインでも商品やサービスの良さが伝わりやすいです。

そのため、新型コロナウィルスの影響で商談がオンライン化している昨今、営業に動画を活用する事例が増えてきています。

営業で動画を活用するメリット

営業で動画を活用するメリットは、主に以下の5つです。

  1. 営業による商談品質のバラツキが解消可能
  2. 商談前等に視聴して貰うことが可能
  3. 温度感の低いユーザーへ効率的にアプローチ可能
  4. 資料と口頭だけでは伝わり切らないイメージを伝達可能
  5. 動画は24時間営業活動可能

それぞれ、詳しく解説します。

営業による商談品質のバラツキが解消可能

営業での動画活用は、営業の商談品質のバラツキを解消することができます。

予めプレゼン内容を社内で共有していたとしても、プレゼンを行う人が違った場合、言葉の言い回しやニュアンスが微妙に異なるため、受け手の印象にもばらつきが生じてしまいます。

しかし、営業で動画を活用した場合、プレゼンをする人による差が生じなくなるため、安定した商談を行うことができます。

商談前等に視聴してもらうことが可能

営業で動画を活用することにより、商談前に視聴してもらうことができます。

資料などでも商談前に視聴してもらうことは可能ですが、内容によっては読むのに時間がかかってしまうため、顧客に負担をかけてしまう場合もあります。

しかし、動画の場合は多くの情報を短時間で伝えることができるため、顧客に負担をかけずに事前に内容を把握してもらうことができます。

温度感の低いユーザーへ効率的にアプローチ可能

温度感の低いユーザーの場合、対面営業でないとなかなか商品やサービスの良さを伝えきれない可能性があります。

しかし、動画を視聴するという行為は、顧客の心理的ハードルが低いため、温度感の低いユーザーにも見ていただける可能性が高く、興味を持ってもらった場合はお問合せをしてもらうという流れにしておくことで、効率的にアプローチすることができます。

資料と口頭だけでは伝わり切らないイメージを伝達可能

テキスト資料や口頭のみでのプレゼンの場合、伝えられる情報が限られているため、商品やサービスのイメージを伝えきれない可能性があります。

しかし、動画の場合は動きによって商品やサービスのイメージを魅力的に伝えることが可能なので、顧客に興味を持ってもらえる可能性が高まります。

動画は24時間営業活動可能

動画は短時間で効率的に商品やサービスの良さを伝えることができ、顧客が隙間時間で確認できるため、時間を選ばず、24時間営業可能な営業手法です。

営業で活用可能な動画の種類

営業で活用可能な動画の種類は、大きく分けて以下の5つがあります。

  • 商品、サービス紹介動画
  • 事例紹介動画
  • デモンストレーション動画
  • マニュアル動画
  • セミナー動画

それぞれ、詳しく解説します。

商品・サービス紹介動画

1つ目は、商品やサービスを紹介する動画です。

実際に商品やサービスの映像を見せながらプレゼンを行うことで、資料や口頭のみで説明するよりも説得力のある営業を行うことができます。

事例紹介動画

2つ目は、商品やサービスが実際に利用されている事例を紹介する動画です。

過去に商品やサービスを実際に導入した事例における顧客の声などを動画で紹介することで、顧客に商品やサービスに対する安心感を持ってもらえます。

デモンストレーション動画

3つ目は、商品やサービスのデモンストレーション動画です。

動画でデモンストレーションを行うことで、顧客が実際に商品やサービスを利用した場合のイメージが湧きやすくなるので、商談を有利に進めることができます。

マニュアル動画

4つ目は、商品やサービスのマニュアル動画です。

テキスト資料のマニュアルよりも、動画の方が圧倒的に理解しやすいため、顧客に安心感を持ってもらえます。

特に、トライアルがあるサービスで、使い方が分かりにくいために、使用されないままトライアルを終了されてしまう恐れがあるような場合に有効です。

セミナー動画

5つ目は、セミナー動画です。

セミナー動画は、自社の商品やサービスだけでなく、その分野に関する専門性が高いことをアピールすることができます。

そのため、自社の製品・サービスへの関心度が低いユーザーに対しての営業にも活用できます。

営業での動画活用方法

営業では、様々なシーンで動画を活用することができます。

具体的には、主に以下の4つのシーンがあります。

  • 商談実施前
  • 商談中の理解促進
  • メール営業
  • カスタマーサクセス

それぞれ、具体的に解説します。

商談実施前

商談実施前に動画を見てもらうことで、顧客に効率的に事前知識を持ってもらえるため、自社の商品やサービスに関する理解が深まります。

その結果、商談も有利に進む可能性が高くなります。

商談中の理解促進

商談中に動画を活用するのも非常に有効です。

資料のみでの説明よりも受け取る情報量が多く、顧客により具体的に商品やサービスのイメージを持ってもらえます。

また、プレゼンをする人による差が生じなくなるため、安定した商談を行うことができるというメリットもあります。

メール営業

メールやチャット等で動画を共有するのも有効です。

動画は、テキスト資料と比べて、閲覧に対する顧客の心理的ハードルが低いため、確認してもらえる可能性が高くなります。

カスタマーサクセス

営業に動画を活用することは、カスタマーサクセスにも有効です。

複雑なサービスのトライアルなどで、ユーザーがつまづきやすいポイントを動画で説明することで、トライアル中にサービスを多く利用してもらえます。

営業効果の高い動画を制作するポイント

動画を活用した営業をより効果的に行うためには、以下の3つを意識して動画を制作することが重要です。

  • 利用シーンに合わせた動画を制作
  • 結果を出している営業マンを参考にする
  • ユーザーの声を反映させる

それぞれ、具体的に解説します。

利用シーンに合わせた動画を制作

利用するシーンを予め想定し、目的を明確にしたうえで動画を制作しましょう。

利用シーンや目的・動画の時間などを明確にしておかないと、せっかく労力をかけて動画を制作しても、思うような結果に繋がらない可能性があります。

例えば、温度感の低いユーザーにサービス紹介動画は視聴してもらえる可能性は低いでしょう。

また、メール営業等プッシュ型で動画を視聴させる場合、長時間は視聴されない等の前提条件を踏まえて動画を制作する必要があります。

結果を出している営業マンを参考にする

社内で結果を出している営業マンが話している内容を参考にすると、結果につながりやすい動画を制作できます。

どういう順序で、具体的にどんな内容で話をしているのかを聞き、動画制作の参考にしましょう。

ユーザーの声を反映させる

過去に実際に商品やサービスを利用したユーザーの声を反映させるのも非常に有効です。

ユーザーの声を反映することで、顧客の安心感につながります。

また、実際に使用しているユーザーだけでなく、商談時のユーザーの反応などを踏まえて適切な訴求軸、説明箇所を検討することで、より結果に繋がりやすい動画を制作することができます。

制作した営業動画の活用方法

これまで、営業や商談における動画の活用方法を解説してきましたが、それ以外のシーンでも効果的に動画を活用することができます。

具体的には、以下の4つにシーンが挙げられます。

  • SNSでの投稿
  • ウェブサイト埋め込み
  • メール著名欄
  • 動画広告の配信

それぞれ、具体的に解説します。

SNSでの投稿

Twitter、Instagram、facebookなどのSNSアカウントを作成し、動画を投稿しましょう。

目を引くような動画を制作することができれば、動画が拡散されて、通常の営業ではアプローチできないような見込み客の獲得につながる可能性があります。

特にツイッターのような、文字数に制限のある媒体では、より多くの情報を伝えることができるようになるため、有効な施策になるでしょう。

ウェブサイト埋め込み

自社のウェブサイトに動画を埋め込むことでアピールしましょう。

自社に興味を持ってくれているユーザーに動画を閲覧してもらうことで、効率的に商品やサービスの購入につなげることができます。

メール署名欄

メールの著名欄に動画のURLを記載することで、動画を見てもらうという方法もあります。

顧客に対して強制感のないさりげないアピールが可能です。

一度メーラーで設定してしまえば良いだけなので、全く手間もかかりません。

動画広告の配信

ある程度予算をかけられる場合は、動画広告の配信も非常に有効です。

動画広告を出稿するプラットフォームによっては、ユーザーが住んでいる地域・性別・年齢などを絞って広告を見てもらうことも可能なので、非常に効果的にアプローチすることができます。

営業動画を制作する際の注意点

営業動画を制作する際には、以下の2点に注意しましょう。

  • 活用の頻度などを踏まえて制作単価を設定する
  • 極力長く活用できるようにする

それぞれ、具体的に解説します。

活用の頻度等を踏まえて制作単価を設定する

動画制作を外注する場合、数十万円以上の費用がかかりますので、活用頻度を踏まえて、適切な予算を設定しましょう。

視聴回数を多く見込むことができない動画に費用をかけすぎるのは勿体ないので、活用頻度と制作単価のバランスを意識して動画を制作しましょう。

極力長く使用できるようにする

動画は一度制作してしまえば多くのシーンで活用できる一方、制作後は容易に修正ができないという点は注意が必要です。

例えば、1シーズンしか使用できないような動画に多くの費用をかけるのは効率的でないので、目的に合わせてなるべく長く活用できるような動画を制作しましょう。

営業動画を活用した事例

営業動画を活用した事例として、弊社で制作させていただいた事例を2つご紹介いたします。

イオン・シグナ・スポーツ・ユナイテッド株式会社様【アプリ紹介動画】

テニス情報を収集できる、「Tennis-Point」をPRするための動画を制作いたしました。

色々なシーンで活用することができるよう動画の時間を30秒で制作しております。

また、ウェブ広告での活用も想定していたため、冒頭での離脱を防ぐために短い時間で信用が得られるような設計にしております。

株式会社Kyoeiad様【サービス紹介動画】

外出先でスマホの充電が切れそうになったとき、150円でモバイルバッテリーをレンタルできる「(ChargeSPOT)チャージスポット」のご紹介動画です。

チャージスポットというサービスがどのようなサービスなのかを説明した上で、広告枠の訴求を行なっております。

金額感も動画内で説明してしまい、電話への動線を設計しています。

営業効果の高い動画を制作するために

動画制作は大きな労力とノウハウが必要なため、動画を社内で制作するのは難しいでしょう。

そのため、営業効果の高い動画を制作したい方は、外部の動画制作会社等を利用するのがおすすめです。

動画制作のプロに相談することで「どれくらいの期間で制作できるのか」「どれくらいの費用で制作できるのか」など、気になる疑問を無料で解決してくれます。

弊社も動画制作会社(key MOVIE)を営んでおり、無料で相談をお受けしておりますので、以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

動画制作会社(key MOVIE)お問い合わせ(無料)

また、相場の把握が難しい動画制作を種類別に分類して解説した「動画制作相場ガイドブック」を無料で配信しております。

まずは費用・料金等が記載された資料をご覧になりたいという方は、以下より資料をダウンロードしてください。

動画制作相場ガイドブックをダウンロード(無料)▼