運営会社
会社概要
ミッション・ビジョン
サービス
動画制作
YouTubeチャンネル制作運用
動画広告運用代行
制作実績
動画制作
ノウハウ
資料
ダウンロード
クリエイター
登録

動画制作を外注する際に気をつけるべき3つのこと

SNSをはじめとしたプラットフォームで、動画コンテンツが注目を集めています。集客効果を期待し動画制作しても、「動画制作にどのような準備が必要なのか分からない」「自社で制作をした動画が魅力的なものなのか分からない」など、不安要素が多くあります。 

失敗のない動画制作を実現するためには、プロへの外注がおすすめです。

そこで本記事では、多くの企業の動画をご制作してきた安くても広告効果に拘る動画制作会社KEY-MOVIEが、外注する際に気をつけるべきポイントを詳しく解説します。

動画制作を外注すべきかどうか判断する基準とは?

制作する動画の中には、「外注すべきもの」と「自作で制作すべきもの」の2種類に分類できます。動画企画を考える際に、どちらに分類できるかを検討しましょう。

外注に向いているもの

外注すべき作品は、以下の2つが考えられます。 

“外注に向いている内容 ”

・企業として予算をかけられる
・撮影が個人では対応できない

 企業として予算をかけられる作品は、会社のブランドイメージを認知してもらう動画や、ユーザーへの訴求力の高い動画です。 個人では難しい作品は、水中・ドローンを使用した特殊映像、アニメーションなど専門的な知識が必要不可欠となるような作品です。 

上記で紹介した動画では無いものの、予算に余裕がありビックプロジェクトになる撮影であれば、ノウハウを持っているプロに依頼をする方法もおすすめです。 

外注すべきでないもの

外注すべきでない動画は、自分たちでも十分な品質を確保でき、手軽にできるものです。スマホで簡単に撮影しすぐにSNSで発信する動画や、社内向けの作品コンテンツです。 

制作を外注すべき動画とは?

自作で動画制作をしている方でも、プロに動画制作を依頼すべきコンテンツがあります。プロに依頼すべき作品はどのようなものがあるのでしょうか。

PV作品

商品や企業イメージをユーザーに認知してもらうためのPVは外注がおすすめです。

プロに依頼をすると、ハイクオリティな作品を作り上げるだけでなく、自社では気づけない魅力を、作品のプロから客観的に引き出してもらうことが可能です。

訴求力の高い動画を、新卒採用、商品発売などタイミングを合わせて発信すれば、SNSで拡散され、多くのユーザーに知ってもらえる可能性があります。

多くのユーザーに視聴してもらいたい動画を発信したいのであれば、プロへの外注を検討してください。

著名人を起用した動画コンテンツ

動画を不特定多数の視聴者に発信したいのであれば、著名人の起用がおすすめです。

最近では、著名人がWEB動画へのキャスティングのハードルが下がり、条件に合意してもらえば、簡単に出演してもらうことが可能です。

出演料の合意が取れても、著名人によって、映像の公開期間やスケジューリングなど慣れていない作業が多くなり、トラブルに発展してしまう恐れがあります。

動画制作のプロは、著名人のキャスティングだけでなく、現場で著名人をどのように扱えば良いかノウハウを持ち、トラブルのない動画制作が可能です。

動画制作を外注にする際気をつけるべき3つのポイント

動画制作を外注する際に、気をつけるべき3つのポイントがあります。3つのポイントに注意して依頼を検討してください。

ポイント1 制作会社の規模・費用感の確認

外注をする際には、制作会社の規模や費用感を事前にリサーチしましょう。

自治体や大手企業の案件を多く引き受けている制作会社もあれば、個人YouTube動画制作を請け負っている制作会社までさまざまです。

依頼内容によっては引き受けてもらえない可能性もあるので、実績を確認して、依頼を引き受けてもらえるか確認が必要です。

制作スケジュール、費用感、作品内容が、制作予定の動画とイメージが近ければ、制作会社に問い合わせをしてみましょう。

ポイント2 作品のイメージと合致しているか

プロに外注する際には、事前に制作会社の作品を確認してください。いくら高い技術を持っている制作会社でも、得意としている作品とそうでない作品があります。

イメージと近い作品を過去に制作していれば、期待通りの作品を制作してもらえることが可能です。

制作会社の多くは、自社で手掛けた作品をホームページで公開しているので、依頼前にどのような動画を制作しているのか、チェックすることをおすすめします。

ポイント3 担当者の対応

口コミなどの評価が高い制作会社でも、担当者の対応が悪ければ、失敗に終わってしまう可能性があります。特に取引数の多い制作会社の中には新規の顧客に対し、レスポンスが遅く、対応がいい加減ということもあります。

担当者が優れた担当者かどうか分からない場合は、以下のポイントに注目をしてコミュニケーションを取りましょう。

優れた担当者か見極めるポイント

・こちらの依頼に対して柔軟に対応してもらえるか
・レスポンスは早いかどうか
・制作会社からの提案はあったかどうか
・費用の細かい内訳を説明してもらえるか

作品制作の実績だけで制作会社へ依頼を検討するのではなく、実際に問合せをした後に、どのような対応をするのか、スタッフの誠実な対応かどうかを細かく確認してください。 

低コストで外注するのであればフリーランスがおすすめ

制作会社に依頼をすると費用が高くなってしまうため、「自作で映像制作をする手段」を模索している担当者さんもいるかもしれません。

制作会社へ依頼するハードルが高いと感じているのであれば、フリーランスのクリエイターに動画制作を依頼しましょう。

映像制作ができるフリーランスは、クラウドソーシング系サイトや、スキルマーケットサイトで見つけられます。

作品を手がける人間と直接コミュニケーションができるため、企業が求めている映像イメージを直接共有し、トラブルを回避しながら制作が可能です。

フリーランスに依頼をする際も、制作会社と同様、事前リサーチが必要です。制作実績はもちろんのこと、完成作品にどのように関わっているか、依頼予定のフリーランスにヒアリングをしてください。

制作会社に比べモチベーションが高く、高いクオリティの作品を制作するフリーランスをクラウドソーシングサイトやスキルマーケットサイトで探しましょう。 

法人でも安価にリスクを回避した動画制作が可能

制作会社の中にはフリーランスを活用した「クラウドソーシング」と、営業が中間に介在し、品質・プロジェクトのマネジメントを行う「受託」の機能をハイブリットで用いることで、安価でもしっかりとした品質の動画を制作できる企業もございます。

フリーランスへの依頼は厳しいというご法人様はそうした制作会社に、一度お見積りをしてみることをオススメいたします。

ハイブリットな動画制作会社KEY-MOVIE