運営会社
会社概要
ミッション・ビジョン
サービス
動画制作
YouTubeチャンネル制作運用
動画広告運用代行
制作実績
動画制作
ノウハウ
資料
ダウンロード
クリエイター
登録

動画制作の進め方【徹底解説】

動画制作って依頼から制作までどのような進め方になっているの?

社内イベントで使用する動画を制作する必要があるので、制作会社に依頼をしなければならないけど、動画制作の進め方がよくわからない、こんなお悩みございませんか?

本記事では動画制作を依頼する前にしっかり工程を理解しておきたいという方に、広告効果に拘る動画制作会社KEY-MOVIEがこれまでの経験を元に「動画制作の進め方」を解説していきます。

本記事をオススメする方

・動画制作を検討中のご担当者様
・これから制作会社と面談だけど、情報の非対称性がすごいので損しそうとお悩みの方

動画制作の進め方徹底解説

動画制作進め方【具体的ステップ】

□お打ち合わせ
□企画・構成・絵コンテの制作
□ディレクション・スケージューリング
□撮影・収録
□動画編集・音響
□初校・確認・ご修正
□完パケ

細かな流れはもっとたくさんありますが、制作費用がそこまで大きく無い動画の場合、この流れを理解しておけばオーケーです。

それぞれ具体的にどのようなことをしているのか、またご依頼される方は動画制作ウィを進めるにあたり、どのようなことをする必要があるのか順番に解説していきたいと思います。

お打ち合わせ

動画制作を進めるにあたって最初のステップとなるのが、「お打ち合わせ」です。

ご面談にて、「どのような動画を制作したいのか」「費用感・スケジュール・納期」等、動画をご制作するに際して、必須の情報をヒアリングいたします。

動画はイメージがあるだけの状態では、非常に抽象度が高く、具体的なイメージをお互いにすり合わせることが難しいです。

できる限りご要望の動画を具体化できるように詳細を伺います。場合によっては一度のご面談で終了させることが難しく複数回のご面談が必要になる可能性がございます。

事前に参考となる動画のリンク等をご準備しておくと、イメージのズレを軽減することができるので必ず用意しておきましょう。

企画構成・絵コンテ・ナレーション文言の制作

動画制作の進め方、次のステップは、ヒアリング内容を元に企画・構成した動画を、絵コンテ等を活用しながらすり合わせする作業になります。

ナレーションがある場合、この段階で文言を決めきります。

ナレーションと動画内容は密接に関係しているため、動画制作途中で変更して変更すると、かなりの工数が発生し、場合によっては追加費用を取られてしまいます。

絵コンテに関しても最初に決めた内容から大幅な変更があると、デザインの設計を一からやり直す必要があるため、追加費用を取られる可能性がございます。

ナレーション文言・絵コンテは動画の骨子ですので、適当に決めず、しっかりと納得のいくものを作り上げましょう。

また、動画の種類よっては制作費を抑えるため、全てのカットの絵コンテを制作しないこともございます。絵コンテの制作にも費用は発生するため、どれくらいの絵コンテを制作するのかイメージできるようにしましょう。

絵コンテではカメラのアングルや、アニメーションの動かせ方等できる限り細く、動画の概要を詰めていきます。実際に制作できる状態にしていきます。ご確認後問題がなれば、動画制作は次の進め方へと進みます。

ディレクション・スケージューリング

動画制作進め方、次のステップはディレクション・スケジューリングです。

動画の内容によっては、かなりの人数が動画に関わる可能性がございます。

例えば、キャスティングするモデルの方、ナレーターの方・動画を撮影・編集する方・グラフィック素材を制作するデザイナーと、複数の方々が協力しあいながら一つの動画を制作していくのです。

スケジューリングを間違えると、ご依頼者様の確認のお時間が短くなり、やっつけで動画を制作することになってしまったり、最悪の場合、納期通りに制作ができなくなります。

そのため、ディレクターが必要な工数を把握し、良い動画を制作するために、必要なスケジュールを調整するのです。

スケジューリングしただけでは、納期通りに進捗しません。

制作に関わる人も他の業務もあるので、ディレクターの進捗確認等で納期を思い出して制作に入るといった事例も数多くございます。

納期が間に合わないといった事故が起こらないように、しっかりとフォローしていく必要があるのです。

撮影・収録

スケジューリングが済んだらあとは実際に撮影を行い、スケジュールに沿って制作を進めていきます。動画の撮影や、ナレーションの収録、動画制作に必要な素材を集めていきます。

撮影場所が自社オフィスだったりする場合は天候に左右されませんが、屋外施設の場合、天候に左右されます。

天候リスクがある場合、撮影ができなかった場合でも、費用は発生する上に、再度撮影の段取りをしなければなりません。

どうしても屋外で撮影したい場合をのぞいて、できる限り天候リスクの無い動画を企画することをオススメいたします。

またナレーションに関して、スタジオ等を活用しない、宅録形式を活用する場合もございますが、しっかりとした音源が必要なテレビCM等ではノイズ等が入らないように、スタジオ収録が基本となります。

動画編集・音響

撮影した素材・その他必要に応じて購入した素材を編集していきます。

動画制作の編集にはテロップ入れのような比較的簡単な作業から、素材にモーションを入れるもの、3D加工等、様々な技術が用いられます。

制作する動画の内容によって編集の工数は大きく変わります。また、音源に関しても、BGM等の選定・音がうるさくならないように微調整等を行います。

基本的には絵コンテで制作した内容に沿って編集を行いますので、イメージ通りの素材を収録することができていれば、絵コンテ通りの仕上がりになります。

初校・確認・ご修正

出来上がった動画をファーストでご確認することを初校といいます。

初校段階では、イメージと異なる部分があったりや、編集において気になる部分があることがほとんどです。

そのため、出来上がった動画をご確認いただき、ご修正ポイントの洗い出しを行います。

ご確認の作業は企業様によっては、複数人で行う必要があるかと存じます。
動画の長さにもよります、動画を確認して、修正箇所をテキストでまとめるという作業は結構工数がかかります。

事前にスケジュールを抑えておくと良いです。確認が後回しにされ、動画が納期までに間に合わない、もしくは期間がないため雑にご修正されてしまった事例がいくつもございます。

かならず、自社にて予定を確保しておきましょう。

完パケ

修正が終わり、実際に動画が納品できる状態を完パケと呼びます。
これで動画が実際に引き渡される形となり、目的に応じて動画をご活用いただくことが出来ます。

動画制作の進め方において注意が必要なポイント

最も気をつけなければならないのが動画製作の進め方を間違えると、思わぬ費用が発生することです。

動画制作時に、とりあえずつくってほしいとご要望されるクライアント様がいらっしゃいますが、見切り発車で動画を制作すると、後々かなりの費用が発生することになります。

修正していけばいいとお考えかと思いますが、修正内容によっては、丸々やりなおしの可能性もございます。

その場合、もう1作品つくれるぐらいの料金が発生することになってしまうのです。動画制作をご検討の際は、極力お戻しが発生しないように気をつけましょう。

動画制作の進め方は制作する動画によって異なるため、無料相談等を行っている、動画制作会社に確認してしまうのが最も早いです。

時間短縮のためにもまづはプロの動画制作会社に相談してみることおすすめいたします。無料で相談ができますので、お話しだけでも聞いてみましょう。