運営会社
会社概要
ミッション・ビジョン
サービス
動画制作
YouTubeチャンネル制作運用
動画広告運用代行
制作実績
動画制作
ノウハウ
資料
ダウンロード
クリエイター
登録

動画制作を格安で依頼するための3つのポイント

動画制作を依頼したいけど、予算が無い・・・

制作会社のお見積もりを見て愕然としたご経験がある方は多いのではと思います。実は動画制作をご依頼される際、たった3つのポイントを抑えるだけで、格安で制作会社に依頼することができるのです。

本記事では、「格安で動画を制作されたい」方にむけて、広告効果に拘る動画制作会社KEY-MOVIEが動画を格安で制作するためのノウハウをお伝えしていきます。

“本記事をオススメしたい方”

・動画制作をとにかく格安で依頼したい
・動画制作の依頼がはじめてである
・動画制作は格安で済ませたいけど失敗しないか不安

動画制作を格安で依頼するための3つの方法

動画制作を依頼する際に、格安にするための重要なポイントは以下3点

1.企画・構成を自社で考える
2.動画で使用する素材をできる限り集める
3.制作会社をリサーチする

これまで数多くの動画制作を発注・制作してきた経験から、上記を行うだけで、動画制作会社がお見積りをする段階で、かなりの工数削減に繋がるため、格安で動画制作ができると断言できます。

制作実績が豊富な動画制作会社に依頼する

1.企画・構成を自社で考える

制作会社を活用して動画を格安で制作するためには、制作会社の工数を減らすことが重要になります。


特に、撮影・編集等、どうしても自社で対応できない部分以外を巻き取ることができれば、動画の制作費用を劇的に改善することができるのです。

動画制作の依頼をご検討中の方の多くは撮影・編集の費用ばかりをイメージしがちですが、動画の企画・構成部分も、お見積もりにかなり影響してくる要素なのです。

企画や構成は、ヒアリング・イメージのすり合わせ、絵コンテ制作と、制作会社が負担するべき工数が多く含まれています。

また、候補の案をご提出しても、すぐにはご納得いただけず、何度も修正を行わなければならない可能性があるので、制作会社としては余裕を持たせたお見積りが必要になってしまうのです。逆に、お見積りの段階で、企画・構成があること示せれば、格安で依頼できる可能性があるのです。

注意するべきポイントとして、企画・構成が曖昧すぎるため、折角時間を費やしたのに、結局費用を取られてしまうケース。

動画を格安で依頼したい方は、絵コンテ等も用いてしっかりとした動画のイメージを作成しましょう。

2.動画で使用する素材をできる限り集める

動画を格安で制作するために重要なポイント2つ目は、動画で使用できそうな素材を可能な限り集めることです。

動画制作には様々な素材が必要です。動きのあるアニメーション等をご制作されたい場合、白抜きのグラフィック素材があると、良い作品が作れますが、写真素材だけではスライドアニメーションのような動画になってしまいます。

質の高い動画を格安で制作するために素材を揃えることは非常に重要なのです。

過去に、ホームページの制作時に使用したグラフィック素材や、ポスターを制作した際にもらった電子データなど、探すと見つかるケースもございます。

動画制作に際して、自社にどのような素材があるのか、まづはリサーチしてみることをオススメいたします。

3.制作会社をリサーチする

動画の制作単価を正確に決定することは実は非常に難しいのです。

動画は1本毎に原価が変わる変数の多い商材。お見積もりを複数社に依頼すると、各社異なるお見積もりを提出してくることでしょう。

その際ほとんどの企業が低すぎる金額でも見積もることはなく、少し高い値段で設定しておくことが一般的です。つまり動画の制作単価を格安にできる余地を各社は残しているのです。

複数社にお見積もりをとることで、価格競争を意識させることで、制作単価は引き下がります。格安で動画をご制作されたい場合、複数社にお見積もりをとることを徹底しましょう。

制作実績が豊富な動画制作会社にお見積りを出してみる

動画を格安で制作する際の注意点

動画の制作実績をしっかりと確認する

ポートフォリオや制作実績が無い方には注意が必要です。


格安で依頼するときに個人へのご依頼を検討される方は多いかと存じます。

しかし、格安で動画を制作したいという思いが先行してしまい、クオリティ担保ができない方に依頼してしまうケースが多く発生しております。

格安という言葉に連られずにしっかりと、納品スキルを有しているか見極めましょう。

見極め方は、クリエイターが有しているポートフォリオを参照すると良いです。契約で情報を公開できない方も多くいらっしゃいますが、非公開で見せていただくことも可能です。

何か理由をつけてポートフォリオを公開しない方は、制作の実績が無いケースもございますので警戒したほうが良いでしょう。

また、公開されている制作実績の中には、編集のみ担当している場合もございますので、担当箇所を直接聞くようにしましょう。

複数人との連絡が可能か確認する

格安で動画を作るために個人に依頼し、納品近くになって連絡がとれなくなるケースが多いです。

特に1on1でやり取りをしていると、突然連絡が取れなくなった時策がありません。納期間近で連絡が取れないことほど怖いことはございません。

また、1on1では病気・怪我その他様々な要因で、納品が難しくなってしまうケースもございます。1から制作者を探すということになれば、かなりの工数が発生します。

制作会社を選んで、実績を調査して、コミュニケーションスキルを確認した上で見積もりを見て依頼するしないか判斷しなければならないからです。

そういった状況を防ぐために、個人であっても複数名とタッチポイントが取れる状態にしてもらうことをオススメ
いたします。

コミュニケーションはスムーズに行うことができるか確認する

動画自体は格安で制作できても、コミュニケーションに多く時間が奪われてしまうことがあります。

動画は依頼するだけで完成、という訳にはいきません。ナレーターの声の確認や、動画編集で気になるポイントの修正指示をしたりと、多くのコミュニケーションが発生するのです。

営業兼クリエイターの方は、連絡が遅い場合や、営業経験が浅いため、何度も連絡する必要がでてしまったり、
想定していなかった工数が発生してしまうこともございます。

動画制作を格安で依頼したいと思っている方は、見積もり金額や制作実績だけでなく、営業担当者の連絡のスピードや、基本的な会話が成立するか、意思疎通のレベルをしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

動画制作を格安で作りたいけど、安心して取引がしたいという方は制作実績が豊富な動画制作会社にお見積りを出してみることをおすすめいたします。