運営会社
会社概要
ミッション・ビジョン
サービス
動画制作
YouTubeチャンネル制作運用
動画広告運用代行
制作実績
動画制作
ノウハウ
資料
ダウンロード
クリエイター
登録

YouTubeを活用した採用活動!活用するべき理由やメリット・事例を徹底解説

動画によって情報収集を行うことが主流となった現在、YouTubeを活用した採用活動を行う企業が増えています。

しかし、動画制作はノウハウが必要なため、具体的にどのような構成で動画を制作すれば良いのか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで、本記事では数多くのYouTubeチャンネルの運用代行を行っている動画制作会社(key MOVIE)が、YouTubeを活用した採用活動のメリットや事例、動画を制作する上でのポイントなどをご紹介します。

時間がなく、採用活動における動画の活用方法がまとまった資料だけでも確認したいという方は以下より無料の資料をダウンロードしてください。

採用活動での動画活用資料ダウンロード(無料)▼

なぜ採用活動にYouTubeを活用する企業が増えているのか?

現在、採用活動にYouTubeを活用する企業が増えている理由として、主に次の2つが挙げられます。

  • ユーザーの検索行動が変化しているため
  • 採用活動のコスト削減に繋がるため

それぞれ、具体的に解説します。

ユーザーの検索行動が変化しているため

従来は、求人サイトなどで情報収集を行うのが主流でしたが、最近では、より具体的な情報を得るための手段として、YouTubeなどの動画プラットフォームで情報を検索するユーザーが増えてきています。

そのため、企業側も事前に自社の具体的な情報を求職者に知ってもらう手段として、YouTubeを活用する事例が多くなってきています。

採用活動のコスト削減に繋がるため

通常、オフラインで採用活動を行う場合、会社説明会などを開催するたびにコストがかかってしまいます。

しかし、会社説明会の動画をYouTubeに投稿することで、より多くの求職者に情報を届けられるため、説明会の開催コストを圧縮できます。

採用活動にYouTubeを活用するメリット

採用活動にYouTubeを活用すると、主に以下の4つのメリットがあります。

  • 現場や社員の雰囲気を伝えやすい
  • 多くの情報を発信することが可能
  • 採用のミスマッチ防止に繋がる
  • YouTube上の指名検索対策に繋がる

それぞれ、具体的に解説します。

現場や社員の雰囲気を伝えやすい

動画は、テキストや写真だけの説明と違い、実際に働いている職場や社員の雰囲気が伝わりやすいというメリットがあります。

そのため、より多くの求職者に企業の魅力をアピールすることができます。

多くの情報を発信することが可能

従来のような、テキスト資料での採用活動を行う場合、求職者が情報を得るのに時間がかかってしまいます。

通常は複数の企業の情報を同時に収集しているため、情報を得るのに時間がかかってしまうと、求職者の負担になってしまいます。

しかし、動画の場合は動きや音による情報も伝えられるため、短時間でより多くの情報を発信することが可能であり、求職者に良い印象を持ってもらうことができます。

採用のミスマッチ防止に繋がる

YouTubeを活用した採用活動では、従来の採用活動の方法では伝えきれなかった情報を伝えられるため、採用のミスマッチも起きにくくなります。

例えば、職種や職場毎に細分化した動画を用意することで、求職者はより具体的に働くイメージを持つことができ、離職率の低下に繋がります。

YouTube上の指名検索対策に繋がる

個人のチャンネルなどで、自社に関するコンテンツがあげられている場合、公式ではない情報がYouTube上で上位表示されてしまう可能性があります。

中にはネガティブな内容もあるため、自社のコンテンツが上位表示されるように対策する必要があります。

企業が発信する採用情報に関するコンテンツは、他のチャンネルが真似できない内容であり、Googleにも評価されやすいため、指名検索対策として非常に有効です。

YouTube採用動画の費用相場

YouTubeに投稿するための採用動画の制作を外注する場合、費用の相場は、企画構成・キャスティング・スタジオ等で大きく変動しますが、概ね50万円〜100万円程度となります。

しかし、採用活動に当てられる予算が少ないため、もっと安く動画を制作したいという企業も多いかと思います。

そこで、採用動画を安く制作するための具体的な方法を解説します。

YouTubeの採用動画を安く制作する方法

採用動画を安く制作するには、外注先に当てられた工数を自社で対応する必要があります。

例えば、

  • 企画構成を自社で作成する
  • 出演者を自社で用意する

などの方法があります。

ただし、動画制作会社によって予算の決め方はさまざまであるため、見積もりを取った上で、もう少し安く抑えるにはどのような方法があるのか、相談してみると良いでしょう。

YouTube上の採用動画で効果を出すためのポイント

YouTubeに投稿する採用動画を制作する場合、重要なポイントを意識して制作しないと、思うように効果が出ない可能性があります。

具体的には、以下の6つのポイントを意識しましょう。

  • 求職者のニーズに合致した動画を作成する
  • VSEO対策を意識したタイトル・概要欄の設計を行う
  • サムネイルはコンテンツの内容をわかりやすく示す
  • 動画の最後はアクションを促す内容を記載
  • YouTube以外の他SNSでの発信も行う
  • YouTube掲載している採用動画の内容は最新に更新しておく

それぞれ、具体的に解説します。

求職者のニーズに合致した動画を作成する

発信したい情報のみを盛り込むのではなく、求職者のニーズに合った情報を盛り込むようにしましょう。

例えば、職種別に細分化した情報があれば、求職者はより具体的に入社後の業務をよりイメージしやすくなります。

VSEO対策を意識したタイトル・概要欄の設計を行う

投稿した動画が検索上位に表示されるように、タイトルや概要欄を工夫しましょう。

企業が発信する採用情報に関するコンテンツは、唯一無二の情報であるため、基本的には社名を含めていれば問題ありませんが、その他、獲得したいサービス名等があれば、必ずタイトルや概要欄に含めるようにしましょう。

YouTubeで検索上位に表示させるための、より具体的な対策が知りたいという方は、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ見てみてください。

YouTube動画を検索結果上位に表示させる方法【2022年最新版)

サムネイルはコンテンツの内容をわかりやすく示す

YouTubeでユーザーに動画を見てもらうには、サムネイルを魅力的にする必要があります。

折角指名検索してもらっても、他にも様々なコンテンツが表示されるため、ユーザーにとってサムネイルが魅力的でない動画は、閲覧してもらうことができない可能性が高いです。

動画を見てもらうターゲットを明確にし、そのターゲットにとって魅力的なサムネイルを制作しましょう。

例えば、20〇〇年の新卒者向けなら、【20〇〇年新卒向け】等と表記させるなど、一目で分かりやすい内容となるように心がけましょう。

動画の最後はアクションを促す内容を記載

動画を見てくれたユーザーは、企業に興味を持ってくれているユーザーであるため、動画の最後にエントリー依頼を促す内容を盛り込むなど、ユーザーがアクションを起こしやすい内容を盛り込むようにしましょう。

YouTube以外の他SNSでの発信も行う

YouTubeに採用動画を投稿したら、TwitterやfacebookなどのSNSでアピールしましょう。

動画コンテンツは、SNSでも目に留まりやすいため、より多くのユーザーに見てもらうことができます。

​​YouTube掲載している採用動画の内容は最新に更新しておく

過去の採用動画しか掲載されていないと、求職者は不安になってしまいます。

古い情報しか掲載されていない場合、逆にマイナスイメージを持たれてしまう可能性もあるため、毎年最新のコンテンツを掲載するようにしましょう。

ただし、職種解説などの長期間活用できるコンテンツに関しては毎年更新する必要はないため、その動画の内容に応じて更新頻度を決定しましょう。

YouTubeで採用動画を活用している企業の事例

実際にYouTubeで採用動画を活用している企業の事例を3つご紹介します。

株式会社森住建

株式会社森住建は、岐阜県にある住宅建設業者です。

「森住建 新卒採用動画ロングver.」という新卒者向けの会社紹介動画では、アングルが上空・社内・現場など、どんどん切り替わっていくため、見る人が引き込まれる動画になっています。

ショートバージョンの動画もあり、さまざまな場面で活用できます。

貝印株式会社

貝印株式会社は、包丁やカミソリなどを製造する製造小売業者です。

「【貝印】採用動画「KAI GROUP CUTTING-EDGE SPIRIT」という動画は、働いている人に焦点を当てたインタビュー動画となっており、社員一人一人がやりがいを持って働いている様子がよく伝わってきます。

コネクシオ株式会社

コネクシオ株式会社は、大手通信会社の携帯電話の販売や卸売を行っている会社です。

「新卒3年目社員の一日」という動画では、新卒3年目の社員の一日の業務の流れが詳しく解説されています。

業務の流れだけでなく、具体的にどんなことを考えながら業務を行っているかなども説明されているため、入社後の業務のイメージが湧きやすい内容になっています。

YouTubeを活用して採用を成功させるために

YouTubeを活用した採用活動を行うことで、より多くの求職者に企業の魅力を伝えることができます。

YouTubeを活用した採用活動で効果を出すには、求職者のニーズに合わせて魅力的な情報を発信する必要があるため、動画の構成をしっかり練ることが重要です。

また、古い情報は更新していく必要があるため、多くのリソースが必要となります。

社内のリソースのみでの運用が難しい場合は、動画制作会社と相談しながら進めるのもおすすめです。

弊社もYouTube運用代行サービス(by key MOVIE)を提供しており、無料で相談をお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

まずはサービスの概要・料金を知りたいといった方は以下より、無料で配布している資料をご覧ください。

YouTube法人チャンネル運用代行サービス概要資料(無料)▼