運営会社
会社概要
ミッション・ビジョン
サービス
動画制作
YouTubeチャンネル制作運用
動画広告運用代行
制作実績
動画制作
ノウハウ
資料
ダウンロード
クリエイター
登録

ハウツー(HowTo)動画で業務効率化!?作成方法や事例を紹介

DX(デジタルトランスフォーメーション)による業務効率化が進む中、動画を活用したDXでの成功事例が増えています。

業務効率の文脈で活躍しているのがハウツー(HowTo)動画と呼ばれるジャンルです。業務効率化を牽引するハウツー(HowTo)動画とはどのようなものなのでしょうか?

本記事では、数多くのハウツー(HowTo)動画を制作してきた動画制作会社(KEY-MOVIE)ハウツー(HowTo)動画の概要・活用するメリット・制作費用・事例等を徹底解説いたします。

まさに今、ハウツー(HowTo)動画の制作を検討している方は以下より、相場・費用をまとめた資料を無料で配布しております。是非ご覧ください。

動画制作相場ガイドブックをダウンロード(無料)▼

ハウツー(HowTo)動画とは!?

ハウツー(HowTo)動画とは商品やサービスの使用方法等について理解を促進するために作成される動画です。

商品の購入を検討しているユーザーや、既に購入しているユーザーに向けて作成するため、比較的長尺の動画になるケースが多いです。

一般的な広告動画であれば、潜在層に無けて作成されるため、長尺のコンテンツは視聴されず、短い時間で興味を持ってもらえる内容にします。

一方、ハウツー(HowTo)動画は顕在層・準顕在層向けなので、情報収集に積極的なユーザーは長い時間の動画でも視聴してもらえるのです。

ハウツー(HowTo)動画を活用するメリット

ハウツー(HowTo)動画を活用する利点は様々です。以下解説いたします。

業務効率化に繋がる

ハウツー(HowTo)動画は費用対効果が高いと言われますが、その所以が業務効率化に繋がることがあります。

ユーザーから多く質問される内容等を動画にすることで、ユーザーからのお問い合わせ件数を減らすことが出来ます。

特にFAQとの相性は抜群で、テキストだけでは解決できない内容は動画を活用することで、ユーザーからの問い合わせ件数を劇的に減らすことができるでしょう。

また、社内向けのコンテンツであれば、何度も社員に説明する必要無くなるため、教育のコスト削減に繋がります。

このようにハウツー(HowTo)動画は様々な文脈で業務効率に繋がるのです。

複雑な内容を分かりやすく説明可能

動画はテキスト情報の5000倍もの情報を伝達することが可能とされています。

画像はテキスト情報の7倍なので、その凄まじさを想像するのは容易ですね。

サービスの概要や商品の特徴をテキストや画像だけで説明するよりも動画を活用した方が、より魅力を理解してもらえる可能性が高いのです。

商品購入検討の最後のひと押しになる

商品の購入を積極的に検討している温度感の高いユーザーは、ウェブ上で様々な情報収集を行います。

Google検索、YouTube、サービスサイト内のページ等、ありとあらゆる情報から判断材料を収集します。

その際、動画があれば、購入の意思決定に必要な情報を多く伝えることができます。

動画は温度感の高いユーザーを逃さずに、最後の一押しとして活用してくれるのです。

ハウツー(Howto)動画が活躍する場面

ハウツ(HowTo)動画のメリットはご理解いただけたかと思います。ここからは、どのような場面で活用できるのか、解説していきます。

社内研修

動画は社内研修と非常に相性が良いです。多くの企業が新入社員向けにオリエンテーションや研修を準備していると思いますが、繰り返し伝達されている内容も多いのではないでしょうか。

説明の重複を動画に置き換えるだけでも、かなりの業務効率化につながります。

新入社員だけでなく、現場の業務レベルでも活用が可能です。

社内で動画が積極的に活用される体制が構築されれば、企業の生産性は上がるでしょう。

マーケティング

商品の購入を検討している層はウェブ上で積極的に商品に関する情報を収集します。

その際、動画を見つけやすくすることで、新規客の開拓等のマーケティング活動に利用することが可能です。

また、ウェブサイト上だけでなく、メールマガジン等に動画のリンクを貼り付けれる等様々なチャネルで活用することができるのも特徴です。

カスタマーサクセス

サービスや商品をすでに導入・購入している方々に向けて、動画を活用します。

お問合せやクレームなどの顧客対応の削減などでも効果を発揮してくれますが、アップセルの領域でも活躍してくれます。

商品のプランが複数ある場合、ミニマムプランで契約しているユーザーに向け、ランクをあげればこんな機能も活用できますよという情報を発信すれば、こんな機能があるなら活用したいとグレードアップするユーザーも少なくないでしょう。

CX向上!?ハウツー(HowTo)動画作成時のポイント

ここまでご覧いただき、ハウツー(HowTo)動画を作成したいと思われた方に向けて、実際に制作する際のポイントについて解説します。

顧客のニーズセグメント毎に作成する

動画を視聴するユーザーのペルソナは可能な限り細かく設定し、セグメント毎にコンテンツの作成を検討します。

費用を削減するために、新規顧客の開拓でも、カスタマーサクセスでも活用できる動画を作ろうとすると失敗してしまうケースが多いです。

ユーザーが求めている情報は微妙に異なり、必要の無い情報を動画に含めれば、途中で離脱されてしまい、本当に伝えたいことを伝えそびれてしまうのです。

ユーザーを起点に求められている情報を網羅する

動画に盛り込む内容はしっかりと事前に検討しましょう。

特にカスタマー作成の文脈で動画を作成する場合は顧客対応を減らすため、お問い合わせの多い内容から盛り込んでいきましょう。

盛り込みたい内容が多くなりすぎた場合も、「伝えたいこと伝える」のではなく「顧客ニーズから逆算」して情報の取捨選択を行いましょう。

おばあちゃんでも理解できるようにする

動画はとにかく分かり易くすることが大切です。テロップや図を挿入しておばあちゃんでも理解することできる動画を目指しましょう。

実写だけでは表現できない内容はアニメーション等を活用することで分かりやすく説明することも可能です。

動画を活用して「どのように表現すれば理解してもらえるのか」を入念に検討しましょう。

無駄な情報・表現は減らす

動画の品質をあげるために、不要な要素を追加してしまうケースを良く目にします。PR用のコンテンツではないため、ユーザーが求めている情報に早く辿り着けよう無駄な表現を減らしましょう。

比較的温度感の高いユーザーが視聴すると言えど、長すぎるコンテンツでは視聴者は離脱してしまうでしょう。

できる限り、短くすることも大切なポイントです。

ハウツー(HowTo)動画への動線を設計する

折角作成した動画も視聴されなければ意味がありません。YouTubeへアップロードするだけでなく、ウェブサイト上のFAQや動画で疑問を解決できる場所があることの告知や導線を設置し、動画を見つけやすくしてもらう工夫が必要です。

各種SNS・電話の機械音声等でも積極的にアナウンスすることで、顧客対応の件数を削減に繋がるでしょう。

ハウツー(HowTo)動画の費用・相場

ハウツー(HowTo)動画を活用したいけど、いくらかかるの?そんな疑問にお答えします。

勿論表現の方法等によって相場は大きく変動しますので、大きくアニメーションと実写動画に分けてハウツー(HowTo)動画を制作した場合の費用・相場について解説していきます。

ハウツー(HowTo)動画(アニメーション)の費用・相場

アニメーションを活用した場合のハウツー(HowTo)動画制作費は5万円〜50万円です。

相場に幅があるのは演出方法によって大きくことなるからです。

例えば、素材が有るのか無いのか、ナレーションは使用するのかしないのか、CGを活用するのかしないのかといった具合です。

安く制作したいといった場合は、アニメーションツール等を活用するケースも多いです。

詳細な相場を確認したい場合は動画制作会社に見積の依頼をするのが良いでしょう。

ハウツー(HowTo)動画(実写)の費用・相場

実写でハウツー(HowTo)動画を制作した場合の費用・相場は20万円〜100万円です。

アニメーションよりは高くなります。こちらも表現方法によって相場にバラ付きがございます。

演出方法で高くなるケースはキャスティング・ロケ地です。有名人を活用したり、無名であっても人数が多かったり、撮影場所が遠かったりすると費用が膨らみます。

詳細な費用を確認したい場合は動画制作会社に見積の依頼をするのが良いでしょう。

また、動画制作を外注した場合の相場・費用に関しては以下記事でも紹介しております。

YouTubeの動画編集は外注が良い?外注の相場やサービスを紹介>

ハウツー(HowTo)動画の活用事例

実際に企業ではどのようにハウツー(HowTo)動画が使用されているのでしょうか?具体的なイメージをお持ちいただくために、実際の事例をご紹介いたします。

STUDIO株式会社のハウツー(HowTo)動画活用事例

ノーコードでウェブサイトが開発できるツールを提供しているSTUDIO様の事例です。ツールの活用はテキストで説明するより動画で説明する方が理解してもらいやすいですよね。

動画によって、ツールを使いこなすユーザーを増やし解約率の低減にも貢献しています。

株式会社freeeのハウツー(HowTo)動画活用事例

個人事業主等のスモールビジネスを展開している事業オーナーに向けて、クラウド上で活用できる会計ソフトを展開している株式会社freeeの事例です。

つまずきやすい会計処理を動画を活用することで分かりやすく解説しています。また、こちらの企業様は、PR活動で使用するYouTubeチャンネル等は別で作成しており、ユーザーのセグメントを分けてコンテンツを作成することが出来ています。

マイクロソフトのハウツー(HowTo)動画活用事例

Excel・Word等、誰もが知っているソフトウェアを始め、様々なソリューションサービスを提供する世界的な企業マイクロソフト様の事例です。

先程紹介した事例とは角度が異なり、ユーザーが実際に使用している内容をインタビュー形式で発信する内容です。

BtoBでは企業の事例を掲載するのが一般的なマーケティング活動ですが、そこに動画を活用しています。

ハウツー(HowTo)動画を活用してビジネスを拡大するために

ハウツー(HowTo)動画は、業種・業態・規模問わず活用できる強力なツールです。様々な企業で活用することが可能でしょう。

ただ、ハウツー(HowTo)動画の制作は重要ですが、緊急性が低く、費用対効果が高い施策にも関わらず後回しにされてしまいます。

やはり、動画を活用したDXを推進するには外部の協力が必要なケースも多いです。

ハウツー(HowTo)動画の制作を検討している方は実際の現在のフェーズで動画を制作するべきなのか、作成するとしたらいくらかかるのか等の情報は収集しておいた方が良いでしょう。

多くの動画制作会社が無料で見積・相談を受け付けております。本記事をご覧になり、ハウツー(HowTo)動画に興味が湧いた方は是非一度、以下よりご相談ください。

動画制作サービスKEY-MOVIE(無料お見積り)>

まずは資料を見たいという方は以下より無料で配布している資料をご覧ください。

動画制作相場ガイドブックをダウンロード(無料)▼