運営会社
会社概要
ミッション・ビジョン
サービス
動画制作
YouTubeチャンネル制作運用
動画広告運用代行
制作実績
動画制作
ノウハウ
資料
ダウンロード
クリエイター
登録

YouTube動画を検索結果上位に表示させる方法【2022年最新版】

「YouTubeをやっているけど全然動画が再生されない!」

「検索KWを意識してYouTubeの動画を作成しているのに検索結果で表示されない」

そんな悩みを抱えていませんか?

新規参入する企業が続出しているYouTube(ユーチューブ)

企業以外にも個人の参入が多いため、YouTubeの検索窓から上位表示を狙うには良いコンテンツを作成する以外にもテクニカルな部分で対策が必要です。

本記事では動画制作会社であるKEY-MOVIEが、YouTubeで動画を検索順位にさせる方法について解説します。

本記事をおすすめしたい方

YouTubeの検索画面で上位表示させたい

YouTube動画を制作しているが上位表示が取れない

YouTubeで上位表示される条件を知りたい

VSEOについて知りたい

YouTube動画を検索結果上位に表示させる方法

YouTubeで動画を上位表示させるには、SEO対策が必要です。

SEO対策と聞くと、ウェブサイトを検索エンジンの上位表示させるために文中にキーワードを入れるなどの対策を思い浮かべるかもしれませんが、それは動画でも同じです。

動画に対するSEO対策は、「Video Search Engine Optimization」の頭文字を取って、「VSEO」と呼ばれます。

仮に制作した動画が、検索ワードと動画の内容が合致していたとしても、動画の中身まではYouTubeのアルゴリズム(評価の仕組み)は把握できません。

そのため、YouTubeのアルゴリズムに「この動画は関連性がある」と判断してもらえるように「タイトル」「動画説明文」などを工夫したSEO対策が必要となるのです。

また、上位表示にはYouTubeのアルゴリズムに対する理解が欠かせません。

公式からの詳細な情報は明らかになっていませんが、2022年現在YouTubeで上位表示に有効とされている方法を紹介します。

YouTubeでSEO対策を行うキーワードを調査する

まず大前提として、YouTubeでもSEO対策を行うにはキーワード調査が必須です。

「競合は少ないが、再生数の上限は低いジャンルを狙ったキーワード」

「競合が多いが、再生数は百万単位で狙うことができるキーワード」

「自社の商品名をアピールするために、化粧品やその近辺を巻き取るためのキーワード」

などなど、目的を明確にして、キーワードを調査しましょう。

YouTubeで上位表示を狙うキーワードの候補を洗い出す

まず、どんなキーワードで上位表示を狙うのか洗い出しましょう。

自社の商品を売り出したいのであれば、その商品に関するキーワードを。

まず知名度を向上させるために、再生数が欲しいなら人気のキーワードを。

という風にキーワードの候補を絞っていきましょう。

関連・サジェストキーワードを参照する

関連、サジェストキーワードとは、検索した単語に予測変換で表示されるキーワードです。

例えば「ビジネスモデル」とYouTubeで検索してみた場合、「作り方」「事例」などと言ったキーワードが表示されています。

ここに表示されているということは「ビジネスモデル」と調べた方が見たい動画に近いものが、このキーワードを含む動画である可能性が高いということです。

キーワードの検索ボリュームを調査する

キーワードの洗い出し、サジェストキーワードの調査の次は検索ボリュームを調査しましょう。

Googleが無料で提供している「キーワードプランナー」などのツールで調査できます。

検索ボリュームが極端に少ないと、そのキーワードに「需要が無い」と言うことになり、上位表示が実現しても、本来の目的である動画の宣伝効果を充分に発揮することができません。

狙いたいキーワードと、需要のバランスを考えて、実際にどのキーワードを狙うか定めましょう。

YouTubeで上位表示されているコンテンツを参考にする

上位表示を目指すなら、現在上位表示されているコンテンツに一度目を通しましょう。

人気のコンテンツには、人気になった理由があります。

具体的にどこを見ればいいのか、参考にするべきポイントを紹介します。

サムネイル・動画時間・タイトル・概要欄を分析する

人気のYouTueb動画のサムネイル、動画時間、タイトル、概要欄はどのような内容になっているでしょうか。

例えばサムネイルは登場人物の顔がアップになっていたり、10分程度の見やすい尺になっていたり……。

その他にもタイトルには上位表示を狙いたいキーワードが盛り込まれていたり、概要欄に「目次」「ホームページやSNSへの導線」「商品販売への導線」などが作成されています。

このように、同じ動画でも情報の伝達量やユーザビリティに圧倒的な差がある場合が多いです。

このノウハウは、他社がPDCAサイクルを回して行った末に手に入れたものですし、それを参考にして自社動画に生かすのが、上位表示の近道です。

企業としてYouTubeを活用している事例をこちらの記事でも紹介しているので、あわせてご覧ください。

ユーザの検索意図・ニーズを考える

YouTubeにおける「検索意図」とは、ユーザーが検索キーワードを入力する時に、本来の目的が存在します。

例えば誰かが「車 新車」と調べているとします。

このキーワードで、その人の意図する動画にたどり着けるでしょうか。

恐らく難しいでしょう。

その次に「車 新車 トヨタ インプレッション」と調べたとします。

これなら、「トヨタの新作のインプレッションを見たい」というのがわかります。

このように検索するキーワードと、本来の目的には乖離が存在します。

つまり「検索数が多いキーワードを入れた動画を作ればいい」というわけではなく、「本来の目的」を満たすことができる動画作りを意識する必要があります。

動画コンテンツを先につくるのはNG

YouTubeの動画を作るにあたって、撮影した動画を編集してから、サムネイルやタイトル名などを決めてしまうのはNGです。

YouTube動画を上位表示させるためには、検索上位を狙いたいキーワードを決定し、それに沿った動画を撮影する事が必要です。

動画をなんとなく撮影して、タイトルや説明文だけを小手先で変更しているだけでは、満足な結果は得ることができません。

分析結果を元にキーワード・コンテンツの方向性を検討する

キーワードの検索ボリュームを調査を終え、需要がありそうかつ、自社の事業や商品との親和性が高いキーワードを分析した後は、そのキーワードに即したコンテンツを模索します。

例えば「女性向け化粧品 敏感肌」というキーワードで検討する場合、

「著名タレントを起用して看板になってもらいPVやCMを作成する」

「美容系のインフルエンサーにYouTubeで動画を投稿してもらう」

「実際に利用して、1日ごとにどんな変化があったかを分かるようにする動画を作る」

など、様々なアプローチがあるでしょう。

より視聴者が求めているものを簡潔に伝えられるような手法を選ぶためにも、慎重な検討をする必要があります。

視聴者の検索意図を満たすコンテンツを作成する

先述した通り、「検索意図」とは、ユーザーが検索キーワードを入力する時に、本来の目的に乖離があります。

本来の目的をキーワードのみで読み取るのは、不十分であり、最悪の場合「誰も求めていない動画」になりかねません。

まず意図を持って「ユーザーのこのニーズに応える動画をつくるにはどうしたらよいか」を決めてから動画の撮影を行いましょう。

余計な情報は省く

YouTubeでは「広告を複数掲載できる動画の長さ」を8分以上と定めています。

そのため、尺を伸ばしたいがために冗長な表現を使ってしまいがちですが、本来不要な情報は省くべきです。

余計な情報は、ノイズとなり本来伝えたい内容がぼやけてしまう原因になります。

過不足なく情報を伝えられるような動画を作成しましょう。

上位表示されている動画より優れた内容・要素を含める

上位表示されている動画をそのままマネるだけでは、コピーコンテンツの範疇から出ることができません。

現在上位表示されている動画はライバルです。

ライバルを超えるためには、その動画に+αの価値を付与したり、テンポの良い見やすい編集、情報の網羅性を高めたりなど、差別化を計りましょう。

視聴者が求めている情報を網羅する

「新型スマートフォンを買おうか迷っている」という視聴者が、動画に求めている情報は何でしょうか。

「値段」「使い心地」「大きさ」「重さ」「ゲームがサクサク動くか」など、人によって異なるでしょう。

ですが、個人差はあれどこれらの情報を知りたいという需要は明確に存在しています。

それならば1つの動画でこれらの情報をすべて分かる動画に仕上げれば、複数の視聴者のニーズを満たすことができます。

このように、必要な情報を

網羅的に伝えられる動画になると「有益な動画」として上位表示を狙うことができるでしょう。

YouTubeで上位表示するためテクニカルを活用する

動画の表示順位を上げるには、「VSEO対策」というテクニカルな技術が求められます。

「サムネイル」「タイトル」などは当然ですが、それ以外にも「タグ」「概要欄」などにもそれぞれテクニックが存在します。

それぞれ解説するので参考にしてみてください。

サムネイル

タイトルと同じくらい重要な要素にサムネイルがあります。

Youtubeで動画を探す際、最初に目に飛び込むのはサムネイルなので、その画像を工夫することにより、クリックをしてもらいやすくなります。

  • テキストを見やすくする
  • 出演者の顔を乗せる
  • タイトルと同じ文章を入れない
  • シンプルかつ目立つ装飾

などなど、実際に多くの人に再生されている動画はどのサムネイルもダイレクトに動画の内容が伝わるものになっています。

再生数を大きく左右する要素ですので、理想とするチャンネルを定め、そのチャンネルを研究してブラッシュアップしていきましょう。

タイトル

YouTubeではタイトルも非常に重要です。

特に、上位表示を狙う場合はタイトルに特定のキーワードをできる限り前に書くなどして「ユーザーが検索しているキーワード」「視聴した動画に関連性の高い動画」であることをアルゴリズムにアピールできます。

ユーザーの目を引くタイトルでありつつ、YouTubeのアルゴリズムに評価されるタイトルを意識しましょう。

概要欄(説明欄)

概要欄とは、動画タイトルのすぐ下に表示される文章です。

概要欄に動画と関連性の高いキーワードがあると、そのキーワードの検索結果に動画が表示されやすくなります。

また、「タイムスタンプ」という動画の目次を掲載することで、ユーザビリティを向上することでYouTubeのアルゴリズムによる評価を上げることができます。

タグ

タグとは「動画の概要」「カテゴリ」「ジャンル」を説明するために追加できる単語を指します。

適切なタグを利用することにより、YouTubeのアルゴリズムに動画の内容を知らせることができます。

また、タグと似たものでハッシュタグがあります。

ハッシュタグは、ユーザーが動画の検索に活用できるため、人気のハッシュタグを付けることにより、ハッシュタグに新規登録された動画として検索上位に表示されやすくなります。

動画アップロード後の数字を確認する

「動画をアップロードしたら、後は伸びるのを祈るだけ」

ですが、残念ながら祈っているだけでは動画を上位表示させることは難しいでしょう。

動画をアップロードした後に行うべきなのは「分析」です。

「再生数」「好評価数」「流入数」「ユーザーの比率」などなど、様々な数字がありますが、その中でも「動画冒頭の視聴維持率」はYouTube内の順位に大きな影響を及ぼす可能性があります。

動画冒頭の視聴維持率を確認しよう

動画の視聴維持率は、10分程度の動画の場合、40%以上を目安にするべきだと言われています。

テレビと違い、動画は即座に見ることをやめて別の動画へ簡単に移動できてしまうため、離脱率がかなり高い傾向にあります。

YouTube上で「離脱率が高い動画→良いコンテンツ、タイトルに即した動画ではない」と判断されてしまい、検索順位に悪影響を与える可能性があるため注意しましょう。

離脱率が高い場合、サムネ・タイトルを変更

もし離脱率が高い場合は、サムネやタイトルを見直す必要があります。

例えば、あからさまにサムネとタイトルで連想されるものからかけ離れていたり、誤解を招くような動画では、当然「思っていたのと全然違う」と視聴者は感じ、離脱してしまいます。

サムネイルで気を引くのは大切ではありますが「釣り」と言われるほどの悪質な行為になっていないか、ふさわしいタイトルになっているかをチェックし、適切に変更しましょう。

動画が視聴されるチャネルを増やす

「チャネル」とは、経路を表します。

つまり、動画が視聴される経路を増やすことが重要だということです。

YouTube内で注目を集められないのであれば、他のSNSを掛け合わせたり、じしゃのホームページで動画が視聴される仕組み作りをしましょう。

それぞれ1つずつ解説します。

SNSを通じて動画を拡散させる

YouTubeはユーザー数が多い性質上、人の目に触れる機会が新規参入者は少ないです。

そんな時は、自社のTwitterやInstagramなどの公式アカウントにて拡散し、流入を増やす手段も有効です。

目に留まるような動画を制作できれば、口コミで拡散され、再生数も増え「関連動画」への表示され、検索順位の上昇も狙うことができるでしょう。

自社ホームページ・ブログ記事に動画を埋め込む

自社ホームページや、ブログ記事に動画を埋め込むことも有効です。

自社のホームページに掲載されているノウハウ記事に動画を埋め込むことで、サイトからの流入および「被リンク」によるYouTube内での評価の向上を見込むことができます。

YouTubeアナリティクスを活用して分析を行う

YouTubeアナリティクスとは、YouTubeに投稿した動画やチャンネル全体のアクセス解析が可能なツールです。

「どんな人が視聴しているのか」「視聴者のボリュームソーンは性別や年代」「どんな内容が人気なのか」

YouTubeのアカウントを持っている人なら、誰でも無料で利用可能です。

再生数や視聴者数はもちろん、「どんな人が視聴しているのか」「どんな内容が人気なのか」などを分析して、成功パターンを確認することができます。

動画コンテンツで上位表示が取れない場合

YouTubeの上位表示について解説いたしました。

動画コンテンツで上位表示するには、「分析する能力」「豊富な経験」「膨大な時間」が必要です。

効率的に上位表示を狙うなら、YouTubeにの動画制作会社に依頼するのがオススメです。

弊社もKEY-MOVIEという動画制作サービスを展開しております。

KEY-MOVIEでは以下の5つの強みがあります。

  • 豊富な法人YouTubeチャンネル運用経験
  • マーケティング知見を活かしたコンテンツ企画
  • ワンストップで動画の制作が可能
  • コンサルサポート
  • 圧倒的低予算

マーケティング支援事業を行っている経験を生かし、上位表示するための施策を実施いたします。

少しでも気になった方は、ぜひこちらよりお問い合わせください!

動画制作会社KEY-MOVIEに【無料相談】