座談会タイプの採用動画事例集

更新日 2023.12.17

座談会形式の採用動画は、実際に働く社員同士の「座談会」という形式で、語ってもらう動画で、トーク番組のようなおもしろさがあります。

座談会形式では、インタビューや会社紹介の形式とは異なり、会社の人間関係や仕事内容をリアリティをもって感じ取ることができます。

志望者が会社の特色を理解し、実際の面接に進む時にも役に立つ情報が詰まっているのが特徴といえます。

今回は数多くの採用動画を見てきたkey MOVIEが座談会形式の採用動画の中で、多様な業種から選定した動画をご紹介します。

動画制作の費用相場が気になっている方は、以下の制作相場ガイドブックをご覧ください。

動画制作相場ガイドブックをダウンロード(無料)▼

座談会タイプの採用動画事例

数多くの採用動画の制作をおこない、多くの世の中の採用動画を見てきたkey MOVIEが、様々なジャンルの「座談会形式の採用動画」を紹介していきます。

愛知銀行「等身大の行員座談会MOVIE」

愛知県に拠点を置く、愛知銀行(株式会社愛知銀行)の動画です。

地方銀行の違いとメガバンクの違いとして、地方銀行の「お客様との距離感の近さ」を何名かの行員が動画中で挙げています。

お客様が地域のためのことをしているのを手伝う、という地方の銀行ならではの社会的意義について話されており興味深く、競合の企業を意識した効果的な宣伝です。

お客様と近い距離感で接する具体例として、銀行が「お客様の事業の世代交代の時に、人材を紹介した」など意外なエピソードが話されていました。

銀行というと堅い印象のある業界ですが、本動画では台本通りにカッチリ話す座談会とは全く逆の演出がされています。

オフィスチェアではなく、キャンピングチェアに社員が座って「カジュアルな空間」での会話を演出している点も特徴的です。

東京調剤センター社員座談会2021~在宅医療について~

東京都の品川区・世田谷区・大田区・渋谷区・港区に展開する薬局グループの、東京調剤センターの動画です。

この動画を見ただけで会社のイメージが如実に伝わるような内容になっているのが最大の特徴です。

会話のテーマは、高齢化社会において需要が増えている「在宅医療」に会社として取り組んでみて「大変だったこと」から始まります。

そして「在宅医療は大変だがうまくいった時にものすごく感謝される」と着地します。

こういった会話の内容や、聞き手に回る方のリアクション、休日の過ごし方・趣味について言及する場面でも、全てにおいてポジティブさ・誠実さを前面に押し出していることが伝わります。

また、この会社では、採用のために薬剤師の仕事内容も伝える必要があるため、その点も留意した動画作りがされています。

IBMグループ 若手社員 座談会

ITサービス企業のIBMグループ(日本アイ・ビー・エム株式会社、日本アイ・ビー・エム・システムズ・エンジニアリング)の若手社員の座談会です。

それぞれ職種の異なる3名の従業員が、IBMでのキャリアについて答えるというコンセプトの動画です。

IBMグループでは「後輩に対して自分のことのように真摯に面倒をみてくれた先輩社員を尊敬している」など社員間の結束の強さについても繰り返し語られています。

「働く上で経験した、人に話したくなるような印象的な瞬間」など、かっこいいビジネスパーソン同士の会話が繰り広げていくため、
聴者は「この会社で働いていく中でたくさんのドラマが生まれ、成長していけるのだろう」と感じられる動画です。

ちよだ鮨先輩社員座談会動画

東京都と神奈川県を中心に、東日本で持ち帰り寿司店を展開している株式会社ちよだ鮨の、社員座談会動画です。

動画では、新入社員にちよだ鮨を選んだ理由をアンケートした結果を受けて、トークが始まります。

「下積みが長い」という和食の飲食業に抱かれる一般的なイメージとは異なり、こちらの会社では若手が活躍していること、そして研修時のトレーナーも親切丁寧だという話題が出ています。

また、福利厚生については、女性社員で産休・育休後に復帰する方が増えていることを話題に出し、プライベートとの両立を意識した働き方ができる企業風土であることを伝えています。

志望者に労働環境の良さを効果的に伝えられるよう工夫された動画になっています。

先輩行員座談会 Part1【大東銀行/採用】

大東銀行は福島県郡山市に本店を置く第二地方銀行で、こちらは新卒向けの座談会形式の動画です。

冒頭の行員を紹介するパートでは、それぞれの方の仕事内容が視覚的に伝わるイメージカットが挿入されています。

短い動画の中で、具体的な仕事内容の説明・「入社前後でギャップはあるか?」「入社してよかったことは?」「残業の状況は?」と、新卒の志望者にとって必要な情報を明確に伝えている点が特徴です。

家賃補助や、仕事の賞与の話まで、志望者の利益を強く意識した動画作りになっており、志望者に向けたアピールに重きをおいた対談動画と言えるでしょう。

【社員座談会】藤井牧場/社員に職場のリアルを聞いてみました!

北海道富良野市で酪農を営む企業で、創業は100年を超える有限会社藤井牧場の座談会形式の動画です。

本動画は「職場のリアルを聞いてみた」がテーマですが、30分を超える長編動画のために、動画冒頭につかみとなるオープニング映像を入れる工夫が施されています。

他の動画に比べて、新卒社員の方が就活生だった時、中途採用の方が求職中だった時にどのような経緯があって、どのように考えて入社することになったかの経緯を詳しく話しています。

動画の視聴者にとって必ず参考になるような情報が過不足なく盛り込まれている点が素晴らしいです。

社員座談会|スタッフサービス・ホールディングス

大手人材派遣会社であるスタッフサービスホールディングスの対談動画です。

スタッフサービスホールディングスは幅広い領域で人材総合サービスを展開している人材派遣業で、国内47都道府県を網羅した156拠点(2023年4月時点)を持ちます。

動画の中では製造・医療など幅広い職域で求職者とのマッチングを担当する営業社員や、広報部、マネージャーの方も参加しています。

会社の強みとして、オフィス・部署を超えて協力し合える点が強み、と具体例も含めて述べられていました。

営業職は一人で孤独に仕事をすると思われがちなので、チームワークが強固な点は営業希望の方にとっての不安や事前のイメージを払しょくするような映像になっています。

【JR東日本】座談会動画「JR東日本の魅力、ここがすごい」

大手鉄道会社、JR東日本で働く社員の生の声が聞ける座談会動画です。

会社の魅力について、JRの路線がある範囲内ではほとんど誰もが触れるようなものを作ることに携わることが可能、とJRでしかあり得ない強みが述べられており、会社の特性・魅力を最大限活かしている動画になっています。

具体的には、会社が鉄道を持っているおかげで、交通系ICのSuicaに関連のアプリケーションを開発してすぐ、実際の生活で使える等、仕事と生活が密接に関わっている事業がたくさんあることが、JRならではの魅力だなと感じさせられます。

「JR東日本のすごいところ」のワンテーマのみで動画は最後まで一気に続き、充実度が高く、目が離せない動画です。

【リモート座談会】若手社員ver.アローグループ

アローグループはモバイル事業を中心に、ITコンサルティング事業や、人材紹介事業やクリエイティブ制作事業など多岐に渡る事業展開をしています。

動画では携帯キャリアの各店舗で働く若手社員の方に人事の社員がインタビューをしていく流れで、挿入されるエフェクトや効果音、仕事内容や説明を補助的に伝える映像が多めです。

仕事風景はとても楽しそうに見えて、動画ならではの視覚的な表現方法を効果的に使っています。

質問テーマは「つらい時に頑張れた理由」「印象に残ってる接客エピソード」などよくあるマニュアル通りの質問ではない、最後には福利厚生に含まれるハワイの社員旅行の話など、良い意味で会社の公式イベントらしくない、親しみやすいテイストの動画に仕上げています。

台本のないチーフ座談会-株式会社ロフト

文房具からコスメ、キャラクター雑貨やインテリアなどを取り扱う生活雑貨の専門店「ロフト」を運営する会社、株式会社ロフトの座談会動画です。

「台本のないチーフ座談会」のタイトル通り、出演する社員の方々がリラックスした状態で.仕事について赤裸々に語っています。

動画の編集はそんな撮影現場に合わせて、ゆるい雰囲気のバラエティ番組のようなBGM、効果音、テロップが使われています。

トークテーマは売場作りから顧客対応まで幅広く、「店舗の異動は正直イヤですか?」など踏み込んだ質問にも実直に答えており、志望者の心理をよく考えた動画作りがされています。

クリエイティブ(自由度が高い)かつ、親しみやすさを同時に表現している映像例です。

座談会形式の採用動画制作方法

ここまで紹介してきた座談会形式の採用動画は、様々な見せ方がありました。

「こんな動画が作りたい」「イメージがぴったり」と思った動画もあったのではないでしょうか。

これを機に、採用動画を自社でもつくりたい!と思われた方は下記のポイントを意識して制作するとよいでしょう。

①社員の声を生かす

座談会形式の採用動画の最大の魅力は、社員の声をダイレクトに聞くことができることです。

社員が自分の経験や思いを語ることで、志望者に対して説得力や信頼感を与えることができます。

たとえば、IBMグループの動画では、エンジニアやコンサルタントなどの職種の社員が、自分の仕事のやりがいや挑戦について語っています。

このように、社員の声を生かすことで、志望者に企業の魅力や雰囲気を伝えることができます。

社員同士のコミュニケーションや関係性も見えるため、働く環境や文化についてもイメージしやすくなります。

社員の声を生かすためには、事前にインタビューやヒアリングを行って、話したい内容やポイントを明確にしておくことが大切です。

②動画全体のテンポを意識する

座談会形式の採用動画は、動画全体のテンポを意識することで、より見やすく楽しいものにすることができます。テンポは、話すスピードや話題の切り替えなどで調整することができます。

たとえば、愛知銀行の動画では、話題ごとにテロップを変えたり、余分な間を省くことで、テンポ感を出しています。

動画全体のテンポを意識することで、視聴者は飽きずに最後まで見ることができます。

また、テンポ感がある動画は最後まで視聴されやすくなります。

動画全体のテンポを良くするためには、事前にカット割りを作成しておくことがおすすめです。

③動画制作会社に依頼する

IT業界に限らず、採用動画で重要なのは映像の綺麗さや編集のかっこよさ、演出が適切かどうかといった専門的な知識が求められます。

これらを動画の専門でない方が制作するのはほぼ不可能に近く、そもそも機材もプロ仕様です。金融業界の「採用動画」を制作したい場合は、ぜひご相談ください!

まとめ

座談会形式の採用動画について解説しました。

親しみやすい雰囲気を演出しつつ、働きやすさややりがい、実際に働いている社員のモチベーションなど。様々な要素を伝えられるのが、座談会形式の動画の大きな強みです。

ぜひ参考にして、採用動画の制作をしてみてください。

諸々面倒なことはスルーして、座談会形式の採用動画を作りたい!という方は是非、動画制作のプロであるkey MOVIEにご相談ください。

また、今回の記事の他に動画制作の費用相場をまとめた資料も配布中です。ご興味をお持ちいただけましたら是非ご覧いただけますと幸いです。

資料は下記ページからダウンロードできます。

動画制作相場ガイドブックをダウンロード(無料)▼

動画制作のご相談はこちら(動画1本5万円~)

key MOVIE動画制作お問い合わせ▼

この記事の監修者
key MOVIE

「ビジネスの成果につながる」に、こだわる動画マーケティングサービスです。媒体や目的から逆算した広告動画の制作やYouTubeチャンネルの運営などをおこなっています。

Key MOVIE

動画・映像制作サービス
『key MOVIE』とは

key MOVIEは、マーケティング成果の出る動画・映像を低予算で制作します。 全国の豊富なフリーランスクリエイターを案件毎にアサインすることで、様々なジャンルの動画を低単価で制作しています。 また、マーケターがプランニング・ディレクションをおこなうことで、マーケティング目的にしっかりと効く効果的な動画制作をおこないます。