動画のシナリオ・構成とは?テンプレートを公開!!

更新日 2023.11.28

動画制作の相談をいただく際に、撮影や編集・ナレーションの話しから始まる事が多いです。しかし、動画制作においてもっと重要なのは企画やシナリオ・構成といった、そもそも”どのような”動画をつくるかといった部分です。

動画制作をされる際は、事前に簡単にでもこの部分を考えていただくと、スムーズな進行や使い勝手の悪い動画制作を避けることにつながります。

とはいっても、中々、動画のシナリオや構成を自分で0から考えるのは難しいと思います。

また、そもそもシナリオって?構成って?絵コンテや台本とは違うの?といった方もいらっしゃると思います。

そこで本記事は、幅広いジャンルの動画制作をおこなってきたkey MOVIEが、動画のシナリオ・構成を考える助けになるテンプレートや作成のポイント、そもそもシナリオ・構成とは何なのか?を解説いたします。

動画制作の費用相場が気になっている方は、以下の制作相場ガイドブックをご覧ください。

動画制作相場ガイドブックをダウンロード(無料)▼

動画制作費の相場資料を配付中
動画制作費の相場資料をダウンロード(無料)

動画のシナリオとは?構成や台本との違い

よく、台本やコンテ、構成、シナリオなどの認識があやふやで認識齟齬がおきてしまうことがあります。制作の進行において関係者の認識がそろっていることは非常に重要です。

まずは、それぞれの言葉の意味を説明します。

シナリオとは

シナリオは動画の設計図のようなものです。「いつ」「だれが」「どこで」「なにを」「どのように」「どのような」などの5W1H的な要素や大まかなシーンの順番をまとめたものです。

進行フローでいうと、企画と構成の間に位置します。

構成とは

構成はシーンの具体的な順番です。

5W1Hなどの動画を構成する要素をどの順番で見せたら、ターゲットが理解しやすいか、魅力を感じやすいか、興味を引きやすいか、などを検討して作成します。

コンテとは

コンテは構成から各シーンをより具体的にしたものです。

各シーンのカメラアングルや尺、セリフ・ナレーションなどを決めます。

コンテは、イラストを使う絵コンテ、文字だけで説明する字コンテ、簡易的な動画を作ってしまうVコンテとあります。

台本とは

台本とは演者の方のセリフをまとめたものです。

セリフ量が多い時などは、コンテの段階で決めた内容を演者の方が確認しやすいように台本として改めてまとめます。

香盤表とは

香盤表は動画撮影日のスケジュール表です。

何時にどのシーンをとって、何時に休憩して、何時にセッティングして、などです。

撮影は大抵時間との勝負なので、しっかりと計画的にスムーズに進行できるよう香盤表を作成し、演者、制作スタッフ、依頼主など当日関わる全ての人が確認するものです。

各工程の作成する順番は下記です。

  1. 企画(動画の目的、ターゲット、媒体、概要、伝えたいことなど)
  2. シナリオ(伝えること、伝え方、大まかな構成など)
  3. 構成(伝えることの順番など)
  4. コンテ(シーンの見せ方、順番など)
  5. 台本(セリフ・ナレーション)
  6. 香盤表(撮影の段取り、当日スケジュール)

動画パターン毎のシナリオテンプレート

基本形のシナリオテンプレート

シナリオの基本的な構成要素は下記になります。

大項目中項目セリフ・ナレーション
オープニング・オープニング映像
・挨拶
など
・社名/サービス名
・キャッチコピー
など
導入・動画内容の背景
・課題提示
など
・最近、○○が話題になっていますよね
・○○にお悩みではないですか?
など
本題・要点/ポイント
・詳細
・例
など
・機能①~、機能②~
・ポイント①は○○、ポイント②は○○~
・詳しく説明すると、、、
・○○の例だと、、、
エンディング・まとめ
・エンディング映像
など
・今回のおさらいすると~
・社名/サービス名
・キャッチコピー
など

こちらを元に、動画の目的や使用媒体の特徴によって必要な項目を組み合わせていき、より最適な形にしていきます。

例えば、サービス紹介動画を作る際に、媒体が屋外サイネージや展示会の場合は、視聴する人が様々なため各要素が満遍なく複雑になりすぎないようにシナリオを組みます。

逆に自社のWEBサイトに掲載する場合は、既にサービスに興味をもってくれている状態のためオープニングや冒頭は極力省き、本題がすぐ来るよう構成します。

下記記事にてそれぞれの動画の場合のシナリオテンプレートや、構成のポイントを紹介しています。

検討されている動画に近いものがございましたらご覧ください。

商品・サービス紹介動画のシナリオテンプレート

商品・サービス紹介動画のシナリオテンプレートは下記記事で紹介

採用動画のシナリオテンプレート

採用動画の場合は、社長や社員の方のメッセージやインタビューが基本になり、インタビュアーとインタビュー対象者の問答で動画が構成されていきます。

下記記事にて、採用動画のインタビュー構成や質問例と想定回答などを解説しています。

YouTube動画のシナリオテンプレート

YouTube動画のシナリオテンプレートは下記記事で紹介

シナリオ・構成作りのポイント

企画が超重要

シナリオ・構成を作成する際のポイントは、前工程の「企画」が如何に練られているか、また「企画」を無視していないかが重要です。

媒体=視聴者の態度が超重要

媒体も企画で検討する一部ですが、シナリオ・構成において特に重要になります。

動画を掲載する媒体は視聴者が受動的に視聴する媒体なのか、能動的に視聴する媒体なのか、、、など、媒体によって視聴者の態度は大きく異なります。

受動的な視聴態度の媒体で冒頭を長くしては視聴者の興味が続かなく、すぐ離脱されてしまいます。

参考動画の収集

何事も0から考えるよいも「たたき」があった方が考えやすいです。

とくにシナリオや構成の制作に慣れていない方は、まずは引き出しを増やすためにも参考動画を沢山集め、それらのシナリオや構成を分析するところから始めるとよいでしょう。

まとめ

動画のシナリオ・構成に関して紹介しました。

是非、本記事のテンプレートをたたきに、貴社動画のシナリオや構成を検討してみてください。

今回の記事の他に動画制作の費用相場をまとめた資料も配布中です。ご興味をお持ちいただけましたら是非ご覧いただけますと幸いです。

資料は下記ページからダウンロードできます。

動画制作相場ガイドブックをダウンロード(無料)▼

動画制作のご相談はこちら(動画1本5万円~)

key MOVIE動画制作お問い合わせ▼

この記事の監修者
小林 稜介
動画マーケティングコンサルタント

広告代理店のクレオとデジタルアイデンティティにて幅広いマーケティング支援に従事した後、key MOVIEに参画。サイト改善や広告運用など動画の活用面から逆算した動画企画の提案・制作をしています。

Key MOVIE

動画・映像制作サービス
『key MOVIE』とは

key MOVIEは、マーケティング成果の出る動画・映像を低予算で制作します。 全国の豊富なフリーランスクリエイターを案件毎にアサインすることで、様々なジャンルの動画を低単価で制作しています。 また、マーケターがプランニング・ディレクションをおこなうことで、マーケティング目的にしっかりと効く効果的な動画制作をおこないます。